難関の国家試験をパスして得た行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)。さぞかし収入もいいのだろうと思いきや、けしてそうではないかも知れませんね。行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)の収入源は、書類の作成費用で、一書類作成して「いくら」というものになります。そのため、かず多く稼ぎたい場合は、一つでも多く書類を作成するか、大口の仕事を得るかのいずれかようですよ。では、行政書士の実際の平均年収はといえね、多くが400万円以下かも知れませんね。と表現しても、この数字は行政書士のみで食べている方の平均年収ではありません。税理士や弁理士(日本の国家資格の他に、欧州特許弁理士などの国際資格もあります)などといった仕事の傍ら行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の仕事をこなされる方や、ほかに本来の仕事があってサイドビジネス(あまりに順調で本業よりも儲かるということもあるようです)みたいな形で働いている人の年収もふくまれています。そのために、平均年収が低くなりましたよね。行政書士の資格を取っても、就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)先はそれほど多くはないでしょう。実際、行政書士になった人がどういった感じで収入を得ているのかといえね、行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)だけで生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)していこうという方の仕事先は、多くが独立開業です。開業したばかりのときは、よほど運がダメだかぎり、普通はそんなに収入は多くありません。しかし、地道に仕事を続け、実績を積み重ねていく事によっている人の中には、年収が1000万円を超える人もいれね、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)になる前の収入よりグッと増えたと言う人も割といると思います。仕事は待っていてもやってくるものではなく、開業したら営業することが大事です。行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)で成功している人の体験談(物事を体験した人の話、感想などです)などを参考に、営業に力を入れ、仕事を増やしていけば、公務員(国家公務員、地方公務員、国際公務員などがあります)の平均年収である6六十万円を稼ぐのはそれ程難しくはないという方もいるでしょう。行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)は、さまざまな“士業”の窓口ともなる資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)。さらなる高みを目指してほかの資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)も取得していけば、仕事の幅が広がり、高収入を得ることができるようになるはずですー